「くらしとホソヤ:トータルなご提案」の頁へ
「業務の流れ」の頁へ
「食生活の安全と安心:冷凍冷蔵設備」の頁へ
「深呼吸できる空間:空気調和設備」の頁へ
「清らかな水の創造:給排水衛生設備」の頁へ
「24時間365日:メンテナンス」の頁へ
トップページへ
トータルエネルギーシステム:細谷工業株式会社
毎日のすぐそこに、細谷工業はいます。
「会社概要」の頁へ
「リンク」の頁へ
「採用情報」の頁へ
「お問合せ」はこちらから
空調メンテナンス
換気ほどに気にしていますか?無関心による数々の弊害が起きています。
エバポレーター清掃/ダクト清掃
塵やホコリを除去して、きれいな空気を。故障の心配もなくなります。
エバポレーター清掃/ダクト清掃イメージイラスト
エバポレーターは冷媒のガスを気化させ、まわりの温度を下げる装置です。厚みがあってアルミのファンのすき間が狭いため、ホコリやたばこの煙などが付着しやすく、また湿度や気温が高い季節には空気中のバクテリアが繁殖しやすい環境でもあります。この目詰まりが故障のもとなのです。
空調機には数種類の汚れが付着しています。-ペットの毛、花粉、ダニのフンや死骸、カビの胞子、細菌、バクテリア、チリ、砂ホコリ、綿ホコリ、ウィルス、タバコの煙-
これらがもたらす弊害 -空気汚染による健康阻害、精密機器の故障・衛生管理、火災の発生、エネルギーロス-
ダクトから吹き出された粉塵・細菌等は、気管支炎や気管支ぜんそく、肺炎等の原因となります。また、頭痛やアレルギー症状を訴える「シックビル症候群」等も問題とされています。
粉塵・カビ・バクテリア等で汚染された室内の空気は、空気の不純物を嫌う精密機器(コンピュータ・半導体工場の精密機器等)の故障の原因にもなりかねません。また、レストラン・食品加工産業等の衛生面では、特に重要な問題です。
ダクト内の防火ダンパー(防火装置)に付着した粉塵等により、ダンパーが作動せず火災時に粉塵等に引火して延焼を引き起こします。
空調システムの汚染が進むと、送風機やフィルター等種々の機能が低下し、風量や搬送能力の低下を招きます。また、熱交換効率の低下により、冷房・暖房の効率を悪くするだけでなく、エネルギーロス、冷暖房の費用アップにもつながります。
クリーンな器械は省エネルギー。汚れたまま使い続けると、故障の原因となるばかりか、消費電力量が増え、電気料金が増加してしまいます。洗浄していない空調機は、定期的に洗浄している空調機に比べ、運転時間が長くなるにつれ、消費電力量は非常に多くなります。
よごれたままのダクト
クリーニング後のダクト
高速洗浄で奥の奥まで清潔に! 内部にあるエバポレーターやダクトは、専用器具を使って洗浄します。
専門の知識を持ったスタッフが空調機を分解し、洗浄。
内部は高圧洗浄器でしっかりクリーニングにします。
洗浄の際、部品の消耗具合も確認します。