「くらしとホソヤ:トータルなご提案」の頁へ
「業務の流れ」の頁へ
現在の頁「食生活の安全と安心:冷凍冷蔵設備」
「深呼吸できる空間:空気調和設備」の頁へ
「清らかな水の創造:給排水衛生設備」の頁へ
「24時間365日:メンテナンス」の頁へ
トップページへ
トータルエネルギーシステム:細谷工業株式会社
毎日のすぐそこに、細谷工業はいます。
「会社概要」の頁へ
「リンク」の頁へ
「採用情報」の頁へ
「お問合せ」はこちらから
革新の冷凍冷蔵システム イータマックスシステム(η max system)
3つの効果が生み出すシナジーメリット
●省エネルギー化
消費電力最大50%カット、冷凍能力最大30%アップ
●熱交換器の着霜抑制
庫内温度の安定、冷凍焼け防止
●超々低温(−70℃)による食品の高品質化
細胞内凍結、生に近い食感
これまでの冷凍システムとの相互比較
 従来のシステム  適正な蒸発機の選択がされていない。
 イータマックス  適正な蒸発機が選択される。
 従来のシステム  適正なデスビーが選択されていない。
 イータマックス  適正なデスビーが選択される。
 従来のシステム  蒸発機内の圧力損失が均一ではなく、凝縮圧力を下げようとすると、
 冷媒の分流がさらに悪化する。
>>1.1Mpa以上
 イータマックス  蒸発機内の圧力損失が均一で、TKオプティマイザーの制御により、
 凝縮圧力を下げる事ができる。
>>蒸発圧力+0.3Mpa
 従来のシステム  TDを低く抑える事ができない。 >>10℃以上
 イータマックス  凝縮圧力を下げられるので凝縮温度も低くなり、TDも下げる事ができる。>>2℃以上
 従来のシステム  霜取り時間が増大する。
 イータマックス  霜取り時間が激減する。
 従来のシステム  製品の昇華現象を増長、乾燥による品質の劣化。
 イータマックス  製品の品質が向上する。
 冷凍機の能力を1〜2ランク下げられる。
 消費電力を削減できる。
>>30%50%以上
 
CO2(二酸化炭素)の排出量の削減により、地球温暖化の抑制に貢献する。
従来の冷凍システムは・・・
●凝縮圧力制限。外気温度が下がっても自然の恩恵を受けられず
 省エネ効果なし。
●凝縮温度が下がると蒸発器内の分流がさらに悪化してしまうので
 運転不可能。
●蒸発器への着霜による能力低下と、頻繁なデフロストによる
 エネルギーロス。
●高温度差に晒され製品の昇華現象を増長、乾燥による品質劣化。
イータマックスチーム:中山エンジニヤリング株式会社
消費電力を最大50%OFFの冷凍冷蔵システム イータマックス イメージ
イータマックスのメリットその1:消費電力を最大50%OFF
イータマックスのメリットその2:極端な着霜低減
イータマックスのメリットその3:製品の品質向上
027-362-7711
027-362-7000
kaihatu@e-hosoya.co.jp
お気軽にお問い合せください。
お電話で >>
ファックスで >>
E-mail>>
このページのプリントはこちら >>